TEL.0178-31-6480TEL.0178-31-6480

渋田歯科クリニック
Shibuta Dental Clinic

歯周治療

患者さんの身体への負担が
できるだけ軽い治療

「歯周病は治らない」と思われがちですが、歯を支えている骨がまったくなくなってしまった歯以外は抜かずに治療することが可能です。
その一環として、患者さんのお口から歯垢を取り、顕微鏡を使い画面をご覧いただいて説明しています。
歯周病の治療に最新投薬を行い、進行に応じた治療をご相談しながら進めていきます。
できるだけ手術をしないで3日間の服用により歯肉の状態が改善します。

歯周病とは

歯周病とは?

歯周病とは

自覚症状が少ない病気です。
成人の80%がかかっています。
歯を支える骨が溶けて歯が抜けてしまう恐い病気です。
また、細菌が血管に入り込み多臓器の病気の原因になると言われています。

歯周病の進行度と症状

歯周病の進行度と症状

カビが歯ぐきについて根を下ろし炎症を起こします。

症状
口臭、ネバネバ感

炎症によって歯ぐきが腫れ、歯と歯ぐきの間の溝が汚れやすくなり、カビがさらに奥で炎症を起こします。

症状
歯ぐきの赤味、ときどき出血する

歯と歯ぐきの間にポケットができます。歯周ポケットといいます。

症状
歯ぐきの炎症、ときどき腫れる、赤味の悪化

歯周ポケットはさらに深くなり、よりたくさんの菌が溜まっていきます。

症状
歯ぐきを押すと膿が出る

骨はさらに溶け、歯周ポケットはさらに深くなりさらに多くの菌が溜まっていきます。

症状
口臭がさらに悪化、出血がひどい、歯が揺れる、噛むと痛い、膿が出る、歯ぐきがよく腫れる

最後には歯の周りに骨がなくなってしまい、歯がぐらぐらになり抜かないといけなくなります。

症状
歯が痛くて噛めない、歯が揺れて噛めない、歯ぐきがいつも腫れている

歯周治療

治療1位相差顕微鏡での菌の確認
口腔内の汚れをほんの少し採取し、それを顕微鏡で確認をします。
今現在の菌の状態を確認することができ、歯周病のリスクが分かります。
治療2細菌の除去薬剤の内服
歯周病の治療に最新投薬を行ない、進行に応じた治療をご相談しながら進めていきます。
できるだけ手術をしないで3日間の服用により歯肉の状態が改善されます。
治療3除菌水の使用と「つまようじ法」
「タンパク分解型除菌水」での洗口、「つまようじ法」ブラッシングによる機械的刺激(マッサージ効果)により、歯肉細胞が増殖、炎症も治まり、歯周病菌に負けない強い歯肉を作ります。
治療4歯石とり
歯ブラシでは取り切れない固くなった細菌の塊を専門の道具で取り除き歯の表面をきれいにします。
プラーク(歯くそ)をそのままにしておくと歯石になります。
放置しておくことで歯肉が炎症を起こし歯を支える骨を溶かしていき重度な歯周病になってしまいます。

歯周予防

一生自分の歯でおいしく食べるために、元気で長生きするために毎日のご家庭での歯みがきはもちろんですが、
歯周病は慢性炎症のため歯科医院での定期的なプロフェッショナルケアが大切です。
継続することで健康なお口の状態を保つことができるのです。

3ヶ月に1度
お口の中をチェックしましょう!